奈良女子大学 キャリア形成支援システム

メンバー登録に際し、以下の諸規約(利用規約、 個人情報保護に関する方針、 個人情報の利用目的並びに投稿上の注意事項、卒業生・修了生訪問について)を必ずお読みいただき、 同意いただける場合は最下段にある「同意する」のボタンをクリックしてください。 メンバー新規登録用のフォーマットが表示されます。



メンバー新規登録は本画面の一番下にある「同意する」ボタンをクリックしてください。


1.奈良女子大学キャリア形成支援システム利用規約
2.奈良女子大学キャリア形成支援システムにおける個人情報保護に関する方針
3.奈良女子大学キャリア形成支援システムにおける個人情報の利用目的
4.奈良女子大学キャリア形成支援システムへの投稿上の注意事項
5.奈良女子大学キャリア形成支援システムによる卒業生・修了生訪問について

1.奈良女子大学キャリア形成支援システム利用規約


   奈良女子大学キャリア形成支援システム利用規約
 (趣旨) 
第1条 奈良女子大学キャリア形成支援システム(以下「本システム」という。)のメンバーは、奈良女子大学キャリア形成支援システムメンバー利用規約(以下「規約」という。)に基づき、奈良女子大学(以下「本学」という。)の提供する本システムによるサービスを利用することができるものとする。
 (規約の変更)
第2条 本学は、規約の内容を必要に応じ変更することができる。その際、速やかにメンバーに対し変更内容を通知するものとする。
 (目的)
第3条 本システムは、奈良女子大学学部卒業生及び大学院修了生が卒業後又は修了後のキャリア形成を図るうえで有益と思われる情報を提供するとともにメンバー間での情報の共有と情報交換ができる場を設けることを目的とする。また、本システムは、奈良女子大学における教育・研究を推進するうえで必要な情報をメンバーに発信するとともに、学生・大学院生への支援のために活用することを目的とする。このほか、本学卒業生・修了生相互の間及び本学卒業生・修了生と本学との間の連携を促進する情報を配信するとともに本システムの維持・運営に必要な情報をシステム管理者からメンバーに通知することも目的とする。
 (サービスの内容、諸規程等)
第4条 本システムによりメンバーに提供するサービスの内容及び諸規定等の取り扱いは次のとおりとする。
 一 メンバーが利用できる本システムによるサービスの内容、諸規定等の詳細は、本システムのWEB上に掲載する方法により、メンバーに通知するものとする。
 二 本システムに関する諸規定は本規約の一部を構成するものとし、これらの諸規定が本規約と異なる定めをしている場合には、当該諸規定の定めが優先するものとする。
 三 本学が本システムによるサービスの内容の変更の必要があると認めた場合、事前の通告なく変更することができるものとする。
 (メンバーの登録申請の要件)
第5条 本システムにメンバーとして登録できる者は次の各号に定めるものとする。
 一 本学学部卒業生
 二 本学大学院修了生(単位取得退学者等を含む。)
 三 現在、本学大学院に在学する学生で必要があると認めた者
 四 本学職員
 五 その他本学が適当と認めた者
 (登録申請の方法)
第6条 本システムのメンバー登録を申請する場合は、あらかじめ本規約に同意の上、WEB上から行うもとする。
 (登録の成立)
第7条 メンバー登録は、前条の申請に対し、本学が承諾したときに成立するものとする。
2 本学は、メンバー登録を承諾したときは、速やかに電子メールにより申請者に通知するものとする。
3 本学は次の各号に定める場合はメンバーの登録を承諾しないことがある。
 一 本学に在籍あるいは在職したことの確認ができないとき。
 二 過去に不正使用等によりメンバー登録の排除、または本システムの利用を停止されていることが判明したとき。
 三 メンバー登録の申請に際し虚偽の申告があると認められるとき。
 四 その他メンバー登録の申請を承諾することが、技術上又は本学の業務上著しい支障があると認められるとき。
 (変更の届出)
第8条 メンバーは、登録した情報に変更があった場合は、速やかにWEB上でメンバー情報の変更を行うものとする。
 (パスワード)
第9条 本システムにおいて使用するパスワードの管理並びに使用についてはメンバーの責任により行うものとする。本学の責に帰すべき事由によりパスワードの情報が漏洩しメンバーに損害を与えた場合を除き、本学は使用上の過誤又は第三者等の不正使用等について、一切その責を負わないものとする。
2 メンバーがパスワードを盗まれた場合は、速やかに本学に届け出るものとする。
 (端末機器等の維持責任)
第10条 メンバーは、本システムの利用に支障を与えないために、メンバー端末を正常に稼動するよう維持しなければならない。
 (権利の譲渡)
第11条 メンバーは、本システムの利用権利その他本規約に基づく権利、義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、又は担保に供してはならない。
 (サービスの中断)
第12条 本学は、本システムの保守上必要がある場合や停電、天災等止むを得ない事由がある場合、予告なしに本システムによるサービスの提供を中断することができる。
 (本システムによるサービス提供の停止又はメンバー資格の取消し)
第13条 本学は、メンバーが次のいずれかに該当する場合、本システムによるサービスの提供を停止するか又はメンバーの資格を取り消すことができるものとする。
 一 メンバー登録申請時に虚偽の事項を申告したことが判明したとき。
 二 本規約に違反したとき。
 三 本システムの利用状況が適当でないと本学が判断したとき。
2 本学は前項の規定によりメンバー資格を取り消したときは、その旨を電子メールによりメンバーに通知するものとする。ただし、通常の通知方法を用いても通知できない場合は、通常到達すべきときに通知を行なったものとみなす。
3 前項のほか、本学は1ヶ月以上の予告期間をもってメンバー資格を取り消すことができるものとする。
 (不達アドレスメンバーに対するサービスの停止及び資格取消し)
第14条 本学は、本学から送信した電子メールが繰り返し不達となる電子メールアドレスのメンバーについては、通知なしにそのメンバーに対するサービスを停止するかあるいはそのメンバーの資格を取り消すことができるものとする。
 (メンバーへの通知)
第15条 次の各号に該当する事由が生じたときは、本学はあらかじめその旨及び内容を本システムのWEB上に掲載する等の方法により、メンバーに通知するものとする。
 一 新たなサービスの提供を開始するとき。
 二 既存のサービスを中止するとき。
 三 前各号のほか本システムによるサービスの利用状況を変更するとき。
 (禁止事項)
第16条 本システムのメンバーは、本システムを利用するにあたり、次に掲げる行為を行ってはならない。
 一 自分又は他人のパスワードを、故意に他人に公開する行為。
 二 本学又は他人の著作権を侵害する行為
 三 本学又は他人を誹謗又は中傷したり、名誉を毀損する行為
 四 他人の財産を侵害し、プライバシーを侵す行為
 五 犯罪的行為若しくは犯罪的行為に結びつく行為
 六 事実に反する情報を提供する行為
 七 有害なコンピュータープログラム等を送信又は書き込む行為
 八 公序良俗に反する情報、文書、図画等を本システムを利用して他人に公開する行為
 九 国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、経由するネットワークの規則に反する行為
 十 本システムを営利目的に利用する行為
 十一 宗教活動、政治活動を目的とする行為
 十二 その他、日本国、他外国の法令に違反するもの、又はそのおそれのある行為
 十三 その他本システムの運営を妨げるような行為
(メンバー投稿の配信拒否)
第17条 本学は、メンバーが投稿した内容等が第16条に規定する禁止事項に違反すると認められる場合は、メール等の配信を拒否することができるものとし、本学は拒否理由を開示する責を負わないものとする。
2 前項に関して、本学はメンバーが投稿した内容等を監視し、あるいは配信を拒否する義務を負うものではなく、また、本学がメンバーの投稿した内容を配信拒否しなかったことによりメンバー又は第三者が被った損害に関し、一切責任を負わないものとする。
 (免責事項)
第18条 本学は、本システムのサービスの利用により発生した損害に対し、本学の故意又は重大な過失による場合を除き、いかなる責任も負わないものとし、一切損害賠償の義務を負わない。
2 本学は、メンバーが投稿した内容又は本学から配信する内容をメールにてメンバーに配信する際、情報の特殊性を考慮し、投稿したメンバーの許可を得ることなく、配信先メンバーを絞り込んで配信することができるものとする。また、配信先の絞り込みによってメールの配信を受けなかったメンバー又は第三者が被った損害に関し、本学は一切責任を負わないものとする。
3 本システムの利用によるメンバー同士若しくはメンバーと第三者との間で生じた紛議には本学は一切責任を負わないものとする。
4 本学は、本システムの利用によって得る情報の正確性、完全性、有用性を保障するものではない。なお、本学は、本学の保有するメンバーの情報について、利用目的の達成に必要な範囲内で、事実と合致するよう努めるものとする。
5 本学は、本システムで投稿された投稿文を受取った後、これを配信するまでの迅速性を保障するものではない。投稿を受取った後の配信の遅延が原因で生じた損害や紛議には本学は一切責任を負わないものとする。
6 本学は本システムに使用する設備については信頼性を保つために万全を期すこととするが、万一事故等によりデータが消失した場合又は第三者によりデータが削除・改ざんなどをされた場合、本学は技術的に合理的な範囲で当該データの復旧に努めるものとする。ただし、当該復旧への努力が、データの消失・改ざん等に対する本学の唯一の責任であることとする。
   附 則
この規約は、平成20年4月1日から施行する。

2.奈良女子大学キャリア形成支援システムにおける個人情報保護に関する方針


   奈良女子大学キャリア形成支援システムにおける個人情報に関する方針
第1 奈良女子大学キャリア形成支援システム(以下「システム」という。)の管理者(以下「システム管理者」という。)は、システムによって得られた個人情報の適切な管理に努める。
第2 システム管理者は、メンバーから個人情報の提供を求める場合は、メンバーに利用目的を通知した上で、適切な範囲で提供を求めるものとする。
第3 システム管理者は、了解いただいた範囲内でメンバーの個人情報を利用するものとする。
第4 システム管理者は、あらかじめメンバーから了解いただいている場合や業務を委託する場合、その他正当な理由がある場合を除き、メンバーの個人情報を第三者に提供又は開示してはならない。
第5 システム管理者は、個人情報を安全に管理するために、セキュリティの確保・向上に努めるものとする。
第6 システム管理者は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律、その他の規範を遵守するとともに環境の変化に合せ、個人情報保護の取り組みの継続的な改善、向上に努めるものとする。
   附 則
 この方針は平成20年4月1日から実施する。


3.奈良女子大学キャリア形成支援システムにおける個人情報の利用目的


   奈良女子大学キャリア形成支援システムにおける個人情報の利用目的
1 メンバー登録の際に登録資格を確認するため
2 奈良女子大学キャリア形成支援システムへの投稿の配信対象者を抽出・絞り込みするため
3 本学の教育・研究並びに学生支援への協力を求めるため
4 本学卒業生・修了生相互の間及び本学卒業生・修了生と本学との間の連携を促進する情報を配信するため
5 システムの維持・運営に必要な連絡等を行うため


4.奈良女子大学キャリア形成支援システムへの投稿上の注意事項


奈良女子大学キャリア形成支援システムへの投稿上の注意事項
1 営利目的等、本システムの趣旨にそぐわない投稿は配信を拒否することがあります。(規約第16条、第17条参照)
2 投稿された内容に応じ、管理者の判断で配信対象者を絞り込むことがあります。
3 投稿は、本システムのWEB上から行ってください。
4 投稿は、発信者の記載したとおりに配信されます。本システムを介して情報が公開されることにより生じるいかなる問題に対しても本学では責任を負いません。投稿者の責任で投稿してください。(規約第18条参照)
5 投稿は、内容を確認の上で配信しますので、配信までに数日以上要する場合があります。配信の遅延により生じる損害等には責任を負いませんので、時間的余裕をもって投稿してください。(規約第18条参照)


5.奈良女子大学キャリア形成支援システムによる卒業生・修了生訪問について


1 目的
 本システムを通じて就職されている卒業生・修了生(本システム登録者)から奈良女子大学学生及び就職希望の卒業生・修了生(他の本システム登録者)の就職活動にご支援を賜り、奈良女子大学学生及び就職希望の卒業生・修了生(他の本システム登録者)の卒業生・修了生訪問を推進する。

2 方法
 本システム登録者のうち、就職されている卒業生・修了生のご意向を尊重の上、当該卒業生・修了生の勤務先名称をリスト化する。奈良女子大学学生及び就職希望の卒業生・修了生がその勤務先名称リストの閲覧等を踏まえ、卒業生・修了生訪問を行い、当該企業等の業務・実情等をお聞きし、希望企業等への理解を深める。
  [卒業生・修了生訪問の手順]
①本システム登録時に、在学生及び就職希望の本システム登録者に対する「現在の勤務先名称」閲覧の可否(ご意向)を登録
②閲覧可でご登録いただいた登録者の「現在の勤務先(勤務先名称のみ)」を「奈良女子大学キャリア形成支援システム登録者の現在の勤務先リスト」に追加
③奈良女子大学学生は学生生活課窓口で「奈良女子大学キャリア形成支援システム登録者の現在の勤務先リスト」を閲覧し、就職希望の本システム登録者は電話・電子メールにより卒業生・修了生訪問を希望する企業名がリストに掲載されているか本システムを通じて問い合わせ。
④リストに卒業生・修了生訪問を希望する企業名がある場合、奈良女子大学学生生活課に申出。
⑤申し出のあった企業へお勤めの本システム登録者へ、奈良女子大学から本システムを通じて訪問受入の可否(ご意向)を問い合わせ。可の場合、その後の奈良女子大学学生等が当該本システム登録者へ連絡する方法をあわせて確認。
⑥奈良女子大学から申し出のあった学生等へ、訪問の可否を連絡。(可の場合、連絡方法を含む)
⑦奈良女子大学学生等が本システム登録者(就職されている卒業生・修了生)へ連絡の上、訪問。

3 その他
・一度閲覧を許可いただいた就職先名称について、その後、閲覧を不許可とする場合等は、随時、本システムにログインの上、登録情報の変更手続きにより「不許可」に変更することが可能です。また、一度閲覧不許可でご登録いただいた方で、その後、閲覧を許可いただける場合も、同じく本システムにログインの上、登録情報変更の手続きにより「許可」に変更することが可能です。登録情報を変更いただきましたら、奈良女子大学において、当該勤務先名称をリストへ削除・追加いたします。ただし、登録情報変更手続き後、リストの修正には、数日以上要する場合もありますので、あらかじめご了承ください。
・現在のお勤め先名称について、リストへの掲載・閲覧の許可をいただくことが、直ちに卒業生・修了生訪問の受入れを強要するものではありません。学生や他の本システム登録者から卒業生・修了生訪問希望の申し出がありましたら、まずは本システムを通じてご連絡させていただきますので、その時点で卒業生・修了生訪問の受入れについてご判断ください。訪問受入れについて許可をいただけるまでは、当該登録者の勤務先名称以外の情報(氏名・メールアドレス等)を公表することはありません。